ダイエットを決意してまず初めにやること

Share on:
            もしあなたが今日からダイエットをする決意をしたらまず始めに何をしますか?

ダイエットでも何でも、闇雲に始めてもうまくいきません。
なので今回は「ダイエットを決意してまず初めにやること」についてお伝えします。

まずなぜダイエットをしたいと思ったのか

まず始めに、なぜダイエットを決意したのかをもう一度考えてみます。
海に行きたいからなのか、モテたいからなのか、健康診断の結果が悪かったからなのか。
この決意の理由というのは、後々のモチベーションを維持するために重要になってくるので、明確にしておきましょう。
1 つに絞らないといけないわけではないし、格好良くなくてもよいです。

最終的にどうなりたいのか

最終的なスタイルを決めましょう。
ハリウッド女優のようになりたいのか、日本の可愛いアイドルみたいになりたいのか。
なりたいスタイルによって、ダイエットの方法も変わってきますので。
ここで重要なのは、体重の目標だけを作らないことです。
体重 5 キロ落とすという数字の目標も必要ですが、合わせてどんなスタイルになりたいのかも決めておきましょう。

いつまでに達成するのか

水着が着たいのであれば来年の夏まででしょうし、健康診断であれば 1 年後でしょう。
3 年とか 5 年など、長期で考えてしまうとモチベーションを保つのが大変なので、だいたい 1 年未満で期限を設定すると良いでしょう。

ジムを選びましょう

ジムに行かずに自宅で始めようという気持ちもわかりますが、ジムに入会することをおすすめします。
なぜなら、トレーニング方法をトレーナーに教えてもらえますし、お金を払っていることで継続しないといけない気持ちになります。
さらにマシンも充実しているのでメニューに飽きが来ないです。

家の近くのジムを複数探す

まずは家の近くにあるジムをいくつか探してみましょう。
ここでまだ 1 つに決めない理由は、どのジムに行くかは行ってみないとわからないからです。
あなたがトレーニング上級者でこだわりがあるのなら止めませんが、初心者だとしたらいくつかのジムをピックアップしておきましょう。

体験に行ってみる

そしたら体験入会をしてみましょう。
実際に行ってみるとジムによって雰囲気が全く違いますし、トレーナーが優しいとか、ロッカールームが綺麗とかいろんなポイントがあると思います。
ジムにあるマシンはほとんど差がないので、どんなマシンがあるかまでは気にしなくてよいでしょう。
体験に行くときにおすすめなのが、普段から行くことができる時間帯に行くことです。
仕事を休んで日中に行くよりも、仕事終わりの夜に行きましょう。
そうすることで、どのくらい混雑してるかを把握することができるからです。
体験をするときはウェアなどをレンタルしてくれるところもありますが、基本的には自分で持って行く必要があります。
何を持っていけばいいかわからない人は、ジムに行く時の持ち物を参考にすると良いでしょう。

入会する

あなたにとって一番相性が良いジムが決まったら入会しましょう。
一番の条件はあなたが継続できるかどうかというところを見るべきなので、家から近くて、空いているところが良いと思います。
逆に、スタジオプログラムがたくさんあるとか、サービスが充実しているという初心者はあまり使わないところでは判断しなくていいと思います。
料金に関しても差はほとんどないので、8000 円前後を相場にして、よほど高くなければ気にせず決めてしまって良いです。
入会するときは WEB から申し込むからスタッフさんに声をかけるだけなので簡単です。
キャッシュカードかクレジットカード、印鑑を持っていればその場で作れると思います。

トレーニング方法を考える

ここまで考えてやっと、どのようにトレーニングをしていくかを考えます。
何も考えずに毎日腹筋 100 回やるといっても続かないわけです。
ここまで決めるとだいぶトレーニングしたいという気持ちになってきたのではないでしょうか。
それではダイエット方法について考えていきましょう。

BIG3 を中心にマシントレーニング

BIG3 についてはジムに行ったら絶対にやるべきメニューに詳しく書いてあります。
BIG3 を鍛えることで、効率的に筋肉に刺激を与えることができます。
初心者のうちは基本的にこの BIG3 をやっておけば問題ないです。
飽きてきたら、他のトレーニングもやってみるというスタンスがベストです。

週何回やるかを決める

目標に応じて、週に何回トレーニングをするかと決めます。
3 回〜4 回がおすすめですが、目標に応じて増やしたり減らしたりしてください。
ただ、毎日やるのはやりすぎですし、週 1 回だと現状維持くらいにしかならないので、3 回〜4 回くらいできるようにスケジュールを調整しましょう。

目標の経過によってトレーニング方法を変える

あなたが半年で 6 キロ痩せるという目標を立てた場合、1 ヶ月に 1 キロ痩せなければなりません。
もし 1 ヶ月が経過した時点で 1 キロ痩せていなかったら、その原因をつきとめて修正しましょう。
食事がいけなかったなら食事制限をかけ、トレーニングがいけなかったら回数や負荷を変えてみるなど、経過に応じていろんな方法を試してみましょう。

目標達成が困難・継続できない人は

ダイエットを始めるときにいきなり固い決意をして、一人でここまでできる人は少ないと思っていて、私も少々厳しいことを言っているのは承知しています。
なので、もしあなたが目標達成できない、継続できないと思った時の最終手段も用意しておきました。

【短期間で結果を出すために】パーソナルトレーニングを付ける

一人でトレーニングできないのであれば、トレーナーにつきっきりになってもらいましょう。
お金はかかりますが、それでも痩せたいという思いがあるなら止めはしません。
パーソナルトレーニングはただ結果にコミットするだけでなく、トレーニング期間が終わった後もトレーニング方法や正しい食事方法が知識として身につくので、実践型セミナーのような形でメリットがあります。

【継続するために】食事だけでも変えてみる

ここまでトレーニング方法についてだけ解説してきましたが、ダイエットで重要なのは食事です。
一切運動をしなくても食事さえ変えてしまえば、ダイエット効果はあります。
食事をどのように変えるかについても、決して食事を 2 食にしろというわけではありません。
白米を玄米にするとか、バラ肉を胸肉にするといった小さな変化で少しづつ身体に変化があるはずです。
インスタントオーツもおすすめです。
インスタントオーツってなに?栄養分や摂取方法を徹底解説

最後に

ここまでがダイエットを始める前の段階です。
ダイエットを始めると、食事管理の方法を考えたり、時間をどのように捻出するかを考えたりと継続するのがかなり難しくなってきます。
そのためにもモチベーションを保つための前準備や歯磨きをするかのような習慣にするための行動が必要になってくるわけです。
この準備段階が終わっていざトレーニングを始めると、ジムで出会いがあったり、身体が綺麗になっていくのを実感することができたりと、トレーニングが楽しくなってきます。
最後に一言アドバイスをすると、「楽しくダイエットをする方法を見つけましょう」ということです。