【NetFlix】Stranger Things(ストレンジャー・シングス)の感想

Share on:

「NetFlix おすすめ」で検索をすると、必ず上位に来るのが「StrangerThings」というドラマ。
最近GoogleHomeのYoutube広告でも「OK Google、StrangerThingsつけて」というセリフがあったが、NetflixといえばStrangerThingsという流れが来ているくらいの話題作になっている。
StrangerThingsはどんなドラマかというと、その名の通り奇妙な出来事が起こるドラマである。
ネタバレしない程度に内容を解説していく。

あらすじ

仲良しの少年4人組がいた。
その中の1人であるウィルは自宅に帰る途中に怪しいバケモノを見つけ、自転車から転倒してしまう。
家に帰って小屋に隠れたが、そのバケモノに捕らわれてしまう。
失踪したウィルを探す物語である。
ウィルを探すのはウィルの母と兄、ウィルの友達3人、警察たちだ。
序盤では彼らがそれぞれ手がかりを見つけていき、徐々に真実が明らかになっていく。
しかし、StrangerThingsの主人公とも言える重要人物が他にいる。
イレブンと呼ばれる坊主頭の女の子である。
イレブンは念力などの特殊な能力を使うことができ、ウィルの居場所も知っているようだった。
なぜイレブンは真実を知っているのか、ウィルは果たして生還できるのか。

感想・みどころ

みどころとしては、現実と非現実のバランスである。
バケモノや念力と言われるとどうしてもウルトラマンやアベンジャーズのようなSFアクションを連想するが、StrangerThingsはかなり現実的である。
イレブンを除いて特殊技能を持った人物はいないし、大きな爆発も起こらない。
水面下で何かが起こっているということを一般の人たちが徐々に感じ始めるというリアルな奇妙さがあるのだ。
念力を出したからといってヒーローになるわけではなく、みんな最初は信じられなくて恐れるし、バケモノに真っ向勝負を挑む人はおらず、対策を練りながらも恐怖を感じている。
もし現実世界にSF要素が混じって来たらおそらくみんなこんな感じなのだろう、と思わせるような日常的ドラマなのである。

最後に

現在シーズン2まで出ており、それぞれ9話ほどである。
そんなに長くないドラマだから時間がない人でもさくっと観ることができるだろう。