【初心者向け】プログラミングを独学するのに向いている言語は?

スクールに通ったり、誰かに教わらずに独学するのに向いているプログラミング言語はありますか?

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、Rubyが向いています。

プログラミング初心者が学ぶべき言語はPHPですという記事を書いたのですが、これは就職してキャリアを積むためのおすすめ言語であり、独学をするならRubyの方が向いています。

なぜRubyが独学に向いているのか?

初心者でも理解しやすい簡単な言語

Rubyは、初心者でも理解しやすい言語です。

RubyのフレームワークであるRuby on Railsなら、コマンドを1つ打ち込むだけで簡単なアプリができてしまいます。

学習途中でわからないことがあるとモチベーションが下がってしまうので、とりあえずアプリができれば学ぶ楽しさが継続できるでしょう。

日本語の技術情報が多い

Rubyは日本人である、「マツモトユキヒロ」さんが作った言語であることから、日本語の情報が充実しています。

英語の技術情報だと、細かい部分が読み取れないこともあり、初心者が学ぶ際に苦戦します。

日本では人気の言語なので、多くのエンジニアがRubyの技術情報を提供しています。

フレームワークはRails一択なので情報がブレない

それぞれのプログラミングには、基本的にフレームワークがあり、WEBサービスを作るときはフレームワークを使います。

言語によっては複数のフレームワークがあるので、どれを選べばいいかわからなくなったり、技術情報がごちゃごちゃになってしまう可能性があります。

Rubyのフレームワークはほぼ「Ruby on Rails」一択なので、フレームワークの選択に悩む必要はないですし、ほとんどの技術情報はRuby on Railsに関するものです。

Rubyの具体的な学習方法

Progateとドットインストールで基礎を学ぶ

初心者向けの学習サイトである、「Progateとドットインストール」は必ずやりましょう。

無料枠だけでもRubyを学ぶことはできますので、2つともやってみることをおすすめします。

書籍で体系的に学ぶ

Rubyの書籍も充実しているのでおすすめです。

特におすすめなのが、Ruby作成者であるマツモトヒロユキさんが監修した書籍です。

作成者が自ら監修してくれて、さらに日本語オリジナルなので、間違いなく情報が正確です。

Railsチュートリアルで学ぶ

Ruby on Railsを学ぶなら、Railsチュートリアルというサイトがおすすめです。

簡単なSNSサービスを作って公開するまでの一連の流れを学ぶことができます。

他の言語だとここまで作り込まれたチュートリアルはないので、初心者が独学するならRailsチュートリアルが使えるRubyがおすすめなのです。

Rubyのその他のメリット

最後に、Rubyのその他のメリットについても解説します。

日本人が学びやすい環境ができている

先述した通り、Rubyは日本人であるマツモトユキヒロさんが作った言語ということもあり、日本人が学びやすい環境ができています。

例えば、多くのプログラミングスクールでは、Rubyをメイン言語として注力されています。

日本語のドキュメントが充実していたり、書籍も多く出ています。

求人数もけっこう多い

Rubyはベンチャーに人気の言語です。

世界的にはRubyは徐々に使われなくなっているようですが、日本では、まだまだ求人がたくさんあります。

Rubyを学べば、多くのベンチャー企業を選択肢に入れることができます。

お金をかけずに、早くプログラミングを習得したいなら、Rubyを勉強してみてはいかがでしょうか。