現役プログラマーがおすすめする、最新テクノロジーグッズ

Share on:

共働きの夫婦が増えてきて、家事をする時間が無いという人もいるかもしれません。それでも家事はやらないといけないですから、睡眠時間が減り、悪循環に陥るわけですね。

家事の負担を減らしたいなら、最新テクノロジー家電を使うべきです。僕はテック家電を駆使して、1日の家事時間を30分くらいに減らしました。日によってはゼロです。

仕事柄、いろんなテクノロジー関連のニュースを読んだりして、最新テックグッズを買っています。なので、僕がおすすめする最新テックグッズを教えますね。

## 食洗機

個人的に2020年、買ってよかったものランキング1位なのが、食洗機です。僕が使っているのは、水を自分で入れるタイプのやつです。自宅に食洗機を置く場所がないという人でも、冷蔵庫の上とかに置いておけばいいので、一人暮らし、二人暮らしの人におすすめです。

今だと3万円くらいで買うことができるので、食洗機の中ではかなり安い部類です。自分で水を入れるのがちょっと面倒ですが、それでも1分くらいで終わるので、手で洗うより楽です。

量も結構入ります。一人暮らしで3食自炊だとしても、1日分の食器は入ると思います。鍋とかフライパンとか大きいものは手で洗ってますけどね。

## ロボット掃除機

ロボット掃除機は、家の環境によってはとても便利です。一人暮らしであれば、絶対に買うべきですね。

逆に、一戸建てで段差や階段があって、畳やカーペットの部屋も多い家庭には向いていません。あと、物が多い家もですね。ロボット掃除機だと隅々まで掃除が行き届かないからです。

僕の家は1LDKでバリアフリーなので、ロボット掃除機を20分もかければ全体を掃除することができます。その間何もする必要がないので、髪の毛やほこりが気になるという人におすすめです。

僕が持っているのは、プラススタイルのロボット掃除機です。音声アシスタントに対応しているのと、電球やリモコンもプラススタイル製で統一しているので、ロボット掃除機もプラススタイルにしました。

価格も2万円弱と結構安いです。ルンバだと5万円とかしますからね。高いやつだと10万円を超えてきます。ロボット掃除機ってどんなもんだ?と思っている人のエントリーモデルとして、プラススタイルは良いかもしれません。

デメリットとしては、やはり掃除できなかったり、コードが絡まったりして途中で止まってしまうことです。なので、コードはできるだけ隠すようにして、段差も作らないようなインテリアにしています。家を綺麗にする習慣がつくという意味では良いことですが、完全自動化とはいかないのが難点です。

## 乾燥機付き洗濯機

乾燥機付き洗濯機もようやく買いました。

15万円近くするので、安い買い物ではありませんが、もうベランダに出ることがなくなりました。この時期寒いので、外で干すのは大変ですよね。それがなくなったのが本当にでかい!

セーターとか縮んでしまう物もあるのですが、今年はセーターを着ていないので、洗濯できないような物は着ないことにしています笑

今はリモートワークなので、いつ洗濯してもいいのですが、出勤している人は、出かける前にかけておいて、帰ってきたら取り込むこともできます。急な雨で急いで取り込むなんてこともなくなるので、時短どころではなく便利すぎます。

気になるのは電気代ですが、やはり多少は高くなったようです。それでも、洗濯に使う手間と時間が減ったので十分元が取れます。

とはいえ、やはり価格が高いので、上記2つを買った後でもいいのかなと思いますね。

## まとめ

昔は白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫が3種の神器なんて言われましたが、現代の3種の神器は、食洗機、ロボット掃除機、乾燥機付き洗濯機だと思います。

このような最新テック家電には抵抗を示す人もいるかもしれませんが、僕はいつも「安い物」を買って、ダメなら売ってしまう。良かったらもっと良いものを買うようにしています。いきなりルンバとか30万円の洗濯機を買う必要はありません。

まずは、お試しとして(それでも安くはないですが、、)エントリーモデルを買ってみてはいかがでしょうか。