テックリーチのメリット・デメリットを解説!【利用者の声】

  • URLをコピーしました!

テックリーチはフリーランスエンジニアの安定したキャリア形成に向いているフリーランスエージェントです。

フリーランスになったけど、会社員みたいな安定感が欲しい」と思っている人にとっては良い選択肢になります。

テックリーチは、豊富な案件数、高単価案件、リモート案件などを提供する、フリーランスエンジニア向けのエージェントサービスです。

また、キャリアカウンセリングや契約交渉、参画後のフォローなど、案件を決めるだけではなく、キャリア形成を手伝ってくれます。

本記事では、テックリーチの特徴から、利用者の声、案件カテゴリ、案件企業、よくある質問、働くための準備まで、テックリーチについて詳しく解説します。

あなたのキャリアを一歩進めるための情報が満載です。ぜひ最後までお読みください。

目次

テック リーチとは?

テックリーチは、フリーランスエンジニア向けの案件情報を提供するプラットフォームです。

エンジニア、デザイナー、プロダクトマネージャーなど、テクノロジー関連の職種を中心に、多くの職種や業界の案件掲載しています。その中には、スタートアップから大手企業まで、幅広い規模の企業の求人が含まれています。

Image from Gyazo
Image from Gyazo

テックリーチの特徴

テックリーチの最大の特徴は、多くの企業との太いパイプです。東証プライム上場企業であり、運営年数が長いことから、豊富な案件数があり、フリーランスエンジニアは理想の条件に合った案件を見つけやすくなります。

エージェントに安定感が無いと、「希望の条件がもうありません。」と言われてしまったり、最悪の場合、エージェントがサービスを停止してしまう可能性もあります。案件の質を見ることが多いですが、実はフリーランスエージェントの質から見ていくことが重要なのです。

テックリーチの運営会社

テックリーチは、株式会社アールストーンが運営しています。

社名と同じ「」というエンジニア向け正社員転職エージェントを主な事業としており、テックリーチはフリーランスエンジニアに向けた別サービスとして運営されています。

IT業界の人材紹介に特化した会社なので、フリーランスエンジニアだけでなく、正社員に戻りたいフリーランスや、転職したい正社員エンジニアでも使えるサービスを運営しています。

についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

テックリーチの公式サイトやSNS情報

テックリーチの公式サイトは、最新の求人情報や企業情報を提供しています。また、ユーザーは自身のプロフィールを作成し、求人情報の検索や応募を行うことができます。

SNSでは、テックリーチは最新の求人情報やコラムを発信しています。また、ユーザーとのコミュニケーションを活発に行っており、質問やフィードバックを受け付けています。

テックリーチのTwitter(Xですね)をフォローすることで、最新情報を手に入れることができます。

テックリーチのおすすめポイント

テックリーチは、その豊富な案件数と高品質なサービスで、フリーランスエンジニアから高い評価を得ています。以下に、そのおすすめポイントをいくつか紹介します。

テックリーチの強み

テックリーチの最大の強みは、その豊富な案件数です。エンジニア、デザイナー、プロダクトマネージャーなど、テクノロジー関連の職種を中心に、多くの職種や業界の情報を掲載しています。

その中には、スタートアップから大手企業まで、幅広い規模の企業の求人が含まれています。

また、テックリーチは高単価の案件を多数取り扱っています。これは、テックリーチが厳選した優良企業との強固なパートナーシップによるもので、ユーザーは自身のスキルを最大限に活かすことができます。

さらに、テックリーチはリモート案件も豊富に提供しています。これにより、地理的な制約を感じることなく、自身のライフスタイルに合わせて働くことが可能です。

リモートワーク特化なら、「Remogu」もおすすめです。

テックリーチのサポート体制

テックリーチは、ユーザーのキャリア形成を全面的にサポートします。まず、専任のキャリアカウンセラーがユーザーのスキル、経験、希望を詳しくヒアリングし、最適な案件を提案します。

また、契約交渉もテックリーチがサポートします。これにより、ユーザーは自身の価値を適切に評価され、公平な条件で働くことができます。

さらに、案件に参画した後も、テックリーチはユーザーをサポートします。定期的なフォローアップや、必要に応じたアドバイスを提供し、ユーザーが安心して働き続けることができます。

テックリーチのサービスの流れ

テックリーチのサービスは、まず無料の会員登録から始まります。登録後、担当エージェントから連絡が来るので、面談した後、スキルシートを登録します。

次に、気になる案件が見つかったら、テックリーチのキャリアカウンセラーと一緒に詳細を確認します。そして、ユーザーの希望に合った案件が確定したら、テックリーチが企業との契約交渉をサポートします。

最後に、契約が成立したら案件に参画します。参画後も、テックリーチはユーザーを全面的にサポートし、安心して働き続けることができます。

以上が、テックリーチのおすすめポイントです。一般的なフリーランスエージェントと流れは変わらないので、他のエージェントに登録している方は困ることはないでしょう。

テック リーチの利用者の声

テックリーチのサービスは、多くのフリーランスエンジニアから高い評価を得ています。以下に、実際にテックリーチを利用したエンジニアの感想や評価を紹介します。

テックリーチを実際に利用したフリーランスエンジニアの感想や評価

「テックリーチを利用してみて、その豊富な案件数に驚きました。自分のスキルや経験に合った案件を見つけることができ、自分のキャリアをより一層深めることができました。」

「テックリーチのキャリアカウンセラーは非常にプロフェッショナルで、自分のキャリアについて深く考えるきっかけを与えてくれました。また、契約交渉のサポートもあり、安心して案件に参画することができました。」

「テックリーチのリモート案件の多さには感謝しています。自分のライフスタイルに合わせて働くことができ、ワークライフバランスを保つことができました。」

やはり案件数や質への高評価が多くありました。エージェントの質が良いと案件の質にも反映されてきます。

まずは担当者からどんなエージェントなのかを聞き出し、このエージェントなら任せても良いかも、と思ったら案件探しをしてもらいましょう。

テックリーチのメリットやデメリット

テックリーチのメリットは多数ありますが、特に以下の3点が挙げられます。

  1. 豊富な案件数:テックリーチは多種多様な職種の求人情報を掲載しており、ユーザーは自身のスキルや経験に合った案件を見つけることができます。
  2. 高単価案件の提供:テックリーチは高単価の案件を多数取り扱っており、ユーザーは自身の価値を適切に評価されます。
  3. 全面的なサポート:テックリーチはキャリアカウンセリングから契約交渉、参画後のフォローまで、ユーザーを全面的にサポートします。

一方で、デメリットとしては、テックリーチのサービスはテクノロジー関連の職種に特化しているため、それ以外の職種を希望するユーザーには適していないかもしれません。

例えば、Webライティングや動画編集、Webデザインなどのクリエイター系の職種は案件が無いかもしれません。プログラミングに関わる職種が中心だと考えておきましょう。

また、テックリーチのサービスを最大限に活用するには、自身のスキルや経験を正確に把握し、それを適切にプロフィールに反映する必要があります。スキルを盛ったり、偽ったりしてしまうと理想の案件とのマッチングができず、上手に利用することができません。

以上が、テックリーチの利用者の声とメリット・デメリットのまとめです。

テック リーチで見つかる主な案件カテゴリ

テックリーチでは、テクノロジー業界の様々な職種の案件が見つかります。以下に、主な案件カテゴリとその特徴を紹介します。

テック リーチで見つかる主な案件カテゴリ

  1. Web開発:Web開発は、ウェブサイトやウェブアプリケーションの開発を指します。HTML、CSS、JavaScriptなどのフロントエンド技術から、Python、Ruby、Javaなどのバックエンド技術まで、幅広いスキルが求められます。また、フレームワークの知識(例:React、Vue.js、Ruby on Railsなど)も重要です。
  2. システム開発:システム開発は、企業の業務システムや製品の開発を指します。Java、C#、Pythonなどのプログラミング言語のほか、データベースの知識や、アーキテクチャ設計のスキルが求められます。
  3. インフラ構築・運用:インフラ構築・運用は、サーバーやネットワークの設定、管理、運用を行います。Linuxの知識、ネットワークの知識、クラウドサービス(AWS、GCPなど)の知識が求められます。
  4. データ分析・AI:データ分析・AIは、ビッグデータの解析やAIの開発を行います。Python、Rなどのプログラミング言語、SQLの知識、機械学習の知識が求められます。

求められるスキルや経験、平均単価や稼働時間

  1. Web開発:Web開発の案件では、フロントエンドやバックエンドの開発経験が求められます。平均単価は、経験やスキルによりますが、一般的には時給4,000円~8,000円程度です。稼働時間はフルタイムが主ですが、リモートワークの案件も多いです。
  2. システム開発:システム開発の案件では、業務システムの開発経験や、特定の業界知識が求められることがあります。平均単価は、経験やスキルによりますが、一般的には時給5,000円~10,000円程度です。稼働時間はフルタイムが主で、オフィスでの勤務が多いです。
  3. インフラ構築・運用:インフラ構築・運用の案件では、サーバーやネットワークの設定・管理経験、クラウドサービスの知識が求められます。平均単価は、経験やスキルによりますが、一般的には時給5,000円~10,000円程度です。稼働時間はフルタイムが主で、オフィスでの勤務が多いです。
  4. データ分析・AI:データ分析・AIの案件では、データ解析の経験や機械学習の知識が求められます。平均単価は、経験やスキルによりますが、一般的には時給6,000円~15,000円程度です。稼働時間はフルタイムが主ですが、リモートワークの案件も多いです。

以上が、テックリーチで見つかる主な案件カテゴリとその特徴です。テックリーチは、これらの様々な案件を提供しており、ユーザーは自身のスキルや経験に合った案件を見つけることができます。

テック リーチで見つかる主な案件企業

テックリーチでは、大手企業からスタートアップまで、様々な企業の案件が見つかります。以下に、主な案件企業とその特徴を紹介します。

テック リーチで見つかる主な案件企業

  1. 大手企業大手企業の案件は、安定した環境で働きたい方におすすめです。大規模なプロジェクトが多く、組織の中で多くの人と協力しながら働くことができます。また、大手企業はしっかりとした教育体制や福利厚生が整っていることが多いです。
  2. メガベンチャー:メガベンチャーの案件は、急成長中の企業で働きたい方におすすめです。新しい技術を積極的に取り入れ、自身のスキルを高めることができます。また、自身の意見が直接製品に反映されることもあり、やりがいを感じることができます。
  3. スタートアップ:スタートアップの案件は、新しい事業をゼロから作り上げたい方におすすめです。自由度が高く、自身のアイデアを形にすることができます。また、少人数の組織なので、自身の貢献が直接結果につながります。
  4. 隠れた優良企業:隠れた優良企業の案件は、落ち着いた環境でじっくりとスキルを磨きたい方におすすめです。大手企業のような厳しい競争や、スタートアップのような不安定さが少なく、安定した環境で働くことができます。

プロジェクト内容や雰囲気、評判

  1. 大手企業:大手企業のプロジェクトは、一般的に大規模で、長期間にわたることが多いです。雰囲気はプロフェッショナルで、組織のルールやマナーが重視されます。評判は、安定した環境で働ける一方、競争が激しいという声もあります。
  2. メガベンチャー:メガベンチャーのプロジェクトは、新しい技術やサービスの開発が中心です。雰囲気は活発で、新しいアイデアや提案が歓迎されます。評判は、自身のスキルを高めることができる一方、急成長企業特有の混沌とした状況に対応する必要があるという声もあります。
  3. スタートアップ:スタートアップのプロジェクトは、新しい事業の立ち上げや、新しい技術の開発が中心です。雰囲気は自由で、自身の意見が直接製品に反映されることが多いです。評判は、自由度が高い一方、不安定な状況に対応する必要があるという声もあります。
  4. 隠れた優良企業:隠れた優良企業のプロジェクトは、既存のサービスの改善や、新しいサービスの開発が中心です。雰囲気は落ち着いており、長期的な視点で仕事を進めることができます。評判は、安定した環境で働ける一方、知名度が低いため、その存在を知らないという声もあります。

以上が、テックリーチで見つかる主な案件企業とその特徴です。テックリーチは、これらの様々な企業の案件を提供しており、ユーザーは自身の希望に合った企業を見つけることができます。

テック リーチでよくある質問

テックリーチを利用する際には、様々な疑問や質問が生じることがあります。以下に、よくある質問とその回答を紹介します。

テックリーチに関するよくある質問とその回答

  1. 利用料金はいくらですか? テックリーチの利用は基本的に無料です。会員登録から案件の検索、応募まで一切の料金は発生しません。ただし、一部の有料サービス(例えば、特別なキャリアカウンセリングなど)がある場合もあります。
  2. 支払いサイクルはどうなっていますか? 支払いサイクルは案件によりますが、一般的には月末締めの翌月末払いが多いです。詳細は各案件の詳細ページや、キャリアカウンセラーに確認してください。
  3. 契約形態はどのようなものがありますか? 契約形態は案件によりますが、一般的には契約社員や業務委託が多いです。詳細は各案件の詳細ページで確認できます。
  4. 保険に加入する必要はありますか? 業務委託の場合、自身で保険に加入する必要があります。契約社員の場合は、企業が社会保険に加入します。詳細は各案件の詳細ページや、キャリアカウンセラーに確認してください。
  5. 退会方法は何ですか? テックリーチの退会は、マイページから行うことができます。マイページの設定メニューから「退会する」を選択し、指示に従ってください。

以上が、テックリーチに関するよくある質問とその回答です。その他の質問がある場合は、テックリーチのサポートにお問い合わせください。

テックリーチで働くために必要な準備

テックリーチで働くためには、事前の準備が必要です。以下に、その準備として必要なものを紹介します。

テック リーチで働くための準備

  1. 履歴書:履歴書は、自身の経歴やスキルを企業に伝えるための重要なツールです。詳細な職務経歴や、これまでの成果を具体的に記載しましょう。また、自身の強みや志向性を伝える自己PRも重要です。
  2. ポートフォリオ:ポートフォリオは、自身のスキルを具体的に示すためのツールです。これまでに開発したプロジェクトや、デザインした作品などをまとめておきましょう。GitHubのリポジトリや、Behanceのプロフィールなども有効です。
  3. スキルシート:スキルシートは、自身の技術スキルを一覧化したものです。使用できるプログラミング言語や、経験のあるフレームワーク、ツールなどを具体的に記載しましょう。

面談や商談の際の準備

  1. 必要なツール:面談や商談は、オンラインで行われることが多いです。そのため、安定したインターネット環境と、ビデオ通話が可能なPCやスマートフォンが必要です。また、ZoomやGoogle Meetなどのビデオ通話ツールの使い方にも慣れておきましょう。
  2. マナー:面談や商談では、ビジネスマナーを守ることが重要です。時間厳守、適切な服装、丁寧な言葉遣いなどを心掛けましょう。また、自身の意見をはっきりと伝えるコミュニケーション能力も求められます。
  3. 対策方法:面談や商談には、事前の準備が必要です。自身の経歴やスキル、志向性を整理し、それをどのように伝えるかを考えておきましょう。また、企業の事業内容や求めるスキルについても調査しておくと良いでしょう。

以上が、テックリーチで働くために必要な準備です。これらの準備を行い、自身のスキルや経験を最大限に活かして、テックリーチでのキャリアを築いていきましょう。

まとめ: 安定して案件が欲しい方向け

テックリーチは、フリーランスエンジニア向けの案件情報サービスで、豊富な案件数や高単価案件、リモート案件を提供しています。

また、キャリアカウンセリングや契約交渉、参画後のフォローなど、ユーザーを全面的にサポートしています。

テックリーチの案件は、大手企業からスタートアップまで、様々な企業があり、Web開発、システム開発、インフラ構築・運用、データ分析・AIなど、多岐にわたる案件カテゴリがあります。

利用者の声を聞くと、テックリーチのメリットとして、案件の多さやサポートの充実さが挙げられますが、デメリットとして、案件の競争率の高さや、一部の有料サービスの存在も指摘されています。

テックリーチを利用するためには、履歴書やポートフォリオ、スキルシートの作成が必要で、面談や商談の際には、ビジネスマナーの守り方や対策方法を知っておくことが重要です。

テックリーチは、キャリアに悩むフリーランスエンジニアのキャリアを支える強力なパートナーとなるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次