NISAよりつみたてNISAをおすすめする理由を解説!

 証券口座を持っている人は、NISAやつみたてNISAにも申し込んだと思います。もし申し込んでいない人がいたら、すぐに申し込みましょう。僕がおすすめするのは「つみたてNISA」です。

 ほとんどの人にとって、NISAよりもつみたてNISAの方が適しています。僕がつみたてNISAをおすすめする理由を解説します。

つみたてNISAをおすすめする理由

 つみたてNISAをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 非課税金額が大きい
  • 上限金額をフルに使える可能性が高い
  • 積み立て投資も一括投資もできる

非課税金額が大きい

 つみたてNISAは、年間上限額40万円で20年間有効です。合計すると800万円分が非課税になります。これは一般NISAよりも高い金額なので、投資金に対する課税額はつみたてNISAのほうが少なくなります。

上限金額をフルに使える可能性が高い

 つみたてNISAの上限金額は年間40万円です。一方、一般NISAは年間120万円です。毎月10万円を投資に回せる人は限られているでしょう。それを5年続けるとなるとなおさらです。

 つみたてNISAなら、毎月33333円で上限金額を達成することができます。できるだけNISA枠を使い切りたいのであれば、つみたてNISAをおすすめします。

積み立て投資も一括投資もできる

 つみたてNISAは基本的に積み立て投資をするものですが、一括投資もできます。まとまった資金があるから一括投資をしたい場合は、「ボーナス設定」を使って一括投資をしましょう。

NISAをおすすめしない理由

 僕はNISAをおすすめしていません。その理由は以下です。

  • 年間120万円を投資するのは難しい
  • 期間が5年しかない
  • 損失時に損益通算ができない

年間120万円を投資するのは難しい

 年間120万円を5年間継続して投資しないとNISAの恩恵をフルに受けることができません。毎月10万円くらいなら余裕だと思っていても、5年後も可能だと言い切れるでしょうか。NISA枠をフルに使いたいならつみたてNISAのほうが良いでしょう。

期間が5年しかない

 デイトレーダーなどのトレードのプロを除くと、投資の基本は長期投資です。そのため、5年だけでは短すぎます。暴落から立ち直るだけでも5年位はかかるかもしれません。つみたてNISAは20年です。20年あれば、増減を繰り返しながらもほぼ確実に上昇します。

損失時に損益通算ができない

 NISA口座で損失を出してしまい、通常口座で利益が出た場合、損益通算をすることができません。つまり利益が出た分に対して税金を払うのに、損失が出た分の税金は戻ってこないというわけです。

 つみたてNISAも同様ですが、20年売却しなければ損失確定しないので、損益通算をする機会が少なくなります。

それでもNISAを使うべき人は?

株式に投資したい人

 つみたてNISAでは株式に投資することができません。個別株に投資したい人はNISAを使うべきでしょう。

短期で多くの資金を投資したい人

 短期間に多くの資金を投資する場合、年間非課税枠が大きいNISAの方がお得です。引退までの期間が少ない高齢者は、NISAの方が良いかもしれません。

インフレリスクを抑えたい人

 インフレが起きた時、つみたてNISAがほとんど機能しなくなる場合があります。

 投資6年目から円の価値が10分の1になったとしましょう。一般NISAを使って5年間で600万円を投資した人は、そのまま600万円が非課税になります。

 つみたてNISAで上限まで投資していた人は、あと600万円非課税枠が残っています。しかしながら、円の価値が10分の1になってしまったので、実質非課税枠は60万円です。5年間での投資金は200万円なので、つみたてNISAを使って投資できる実質金額は260万円になってしまいます。

 極端な例ですが、もしインフレが起こると、非課税枠は少なくなってしまいます。ここまで想定している人はNISAの方がリスクが少ないかもしれません。

まとめ

 株式投資の世界では、「インデックス投資に長期間投資する」ことが一番成功確率が高いと言われています。この条件を満たしたいなら、つみたてNISA一択です。

 ちなみに僕は、毎月一定額を積み立てていくドルコスト平均法ではなく、一括投資を推奨しています。