先日、役員から昇給すると通達があった。もちろん給料が増えるのは嬉しいのだが、その額5000円。年間6万円になるが、月5000円とはいかがなものだろうか。僕は少ないと思う。
 弊社では半年に一回査定があるのだが、査定の度に5000円アップすると仮定しよう。昇給するまでの労働時間は月160時間×6=960時間となる。960時間働いてやっと5000円アップするのである。

ブログの方がコスパが良いのでは?

 では、ブログで稼ぐことを考えてみよう。ブログを1000時間やって、月5000円の収益が得られるなら、給料と同じ水準となる。
 ブログの場合は、最初の1000時間では月5000円にも満たないかもしれないが、次の1000時間では月30000円になる可能性を秘めている。

 1000時間働いて、確実に5000円を手に入れるのと、2000時間でもしかしたら30000円手に入れられる可能性があるのとでは、どちらが良いだろうか。僕は後者である。

 つまり、1000時間も働いてやっと5000円がもらえるくらいなら、2000時間ブログやるわ、という話である。

労働者はピンハネされる立場

 実際には、1000時間の働きのなかで、月5000円プラスされる以上の働きをしているはずである。しかし、そのプラス分は経営者や会社の資産となる。労働者は給料という安定を得る代わりにピンハネされる。

 ブログとか、自分ひとりで稼ぐことができるようになったら、ピンハネされずに100%の収入が得られることになる。これが、資本家への第一歩である。

 そして、社員を雇い、ピンハネする側に回ることで、裕福になる。

月5000円ぽっちの餌に釣られるな

 これは、自分自身への戒めであるが、たった5000円の昇給で喜んではいけない。今まで以上に仕事を頑張ろうとか、会社に貢献しよう、転職は先延ばしにしようと考えてはいけないのである。

 労働時間や今までの貢献度であれば、月5000円なんて少なすぎるし、月5000円くらいは副業をして、自分で稼げる金額である。副業をして、昇給スピードより早いペースで稼げるのである。

 日本の会社は、年齢を重ねれば昇給するものである。若いうちは年功序列制度に甘えながら、着々と副業を進めて、独立への準備を進めるべきである。
 大事なことなのでもう一度書くが、「月5000円程度の昇給で会社に忠誠を誓うな。」