楽天の期間限定ポイントは楽天ペイで使うべき

楽天経済圏で生活している人は、毎月多くの楽天ポイントを手にしていることでしょう。

僕も、毎月1000〜5000ポイントくらいはもらっています。この5000ポイントのうち、3000ポイントくらいは期間限定ポイントです。

SPUによるポイントアップの場合、ポイントアップ分は期間限定ポイントとして付与されることが多いです。期間限定ポイントは、使いみちが制限されます

  • 楽天証券でポイント投資ができない
  • 有効期限が1ヶ月くらい

通常の楽天ポイントなら、楽天証券でポイント投資に回せば、お得に使えるのですが、期間限定ポイントは使いみちに困ってしまいます。

いろいろと調べた結果、期間限定ポイントの最も効率的な使いみちは「楽天ペイで使うこと」でした

楽天のサービスでは使わない!

楽天ペイを使う理由は、リアル店舗で使うことができるからです。楽天のサービスで期間限定ポイントを使ってしまうと、購入金額が割引されてしまうので、還元されるポイントが少なくなってしまいます。

リアル店舗なら、楽天ポイントは貯まらない前提なので、期間限定ポイントを使っても、ポイントを取り逃すことはなくなります。

また、楽天ペイは、2020年6月末まで、キャッシュレス還元キャンペーンを開催しています。キャッシュレス還元はどこでもやっているのですが、楽天ペイのキャンペーンは、全店舗5%還元です。

キャッシュレス還元は、中小事業者は5%ですが、コンビニだと2%、大手事業者は還元なしです。街中で「5%還元!」のポスターが貼ってあるところは、事業規模が小さいからなんです。

楽天ペイで使い切れないなら、ふるさと納税

楽天ペイを使う場面って、コンビニか薬局くらいじゃないでしょうか。PayPayやLINE payと比べると、楽天ペイは導入しているお店が少ないので、使える機会が限られてしまいます。

無理してコンビニで買う必要もないので、そうなると、期間限定ポイントを使い切れずに有効期限が切れてしまいます。

もし、楽天ペイでは使い切れないという人は、楽天ふるさと納税で使ってしまいましょう。

ふるさと納税で使える金額は、収入によって変わるので、かんたんシミュレーターで計算してみてください。

平均年収くらいの400万円、独身、扶養なしの人だと、43905円まで寄付することができます。

今年の年収が確定しそうなタイミングで、期間限定ポイントを使って、ふるさと納税を買っちゃいましょう。4万ポイントも余っている人はなかなかいないと思うので、全部使い切れるはずです。

ふるさと納税で支払うお金は、実質、所得税か住民税になるので、ポイントで支払うことで、節税効果が増します。

それでも使い切れないなら、消費を抑える必要があるかも

楽天ペイ+ふるさと納税でもポイントが使い切れないという人は、楽天のサービスで買い物をしすぎかもしれません。

年収400万円で年間4万円までふるさと納税に使えるので、使い切れないというのは、4万ポイント以上あるということになります。

還元率が10%を達成していたとして、40万円を楽天のお買い物に使っている計算です。年収400万円で40万円を消費するのは使いすぎかもしれません。

それだけ楽天で消費をしているのであれば、そのうちの数%をコンビニや薬局での消費に変えてみてはいかがでしょうか。

そうすれば楽天ペイが使えるようになるので、期間限定ポイントが使いきれるはずです。

まとめ

  • 期間限定ポイントは楽天ペイで使う
  • 使い切れなければ、ふるさと納税で使う
  • それでも余るなら、楽天でのお買い物を抑える

「楽天の期間限定ポイントは楽天ペイで使うべき」という記事でお送りしました。