プログラミングにおすすめのエディタ【言語別にも紹介】

プログラマーはコードを書くために、エディタを使います。エディタとかっこよく言っていますが、メモ帳のことです。

書きにくいですが、メモ帳を使ってプログラミングをすることもできます。ただ、プログラミングをするなら、VScodeというエディタを使うべきでしょう。

VScodeとは?

VScodeは、マイクロソフトが作ったエディタです。無料で使えて、プログラミングに最適な機能が豊富にあります。

VScodeの特徴

例えば、

  • ターミナルやGitなどの外部機能が充実
  • 他の人とコードを共有し、編集できる
  • 豊富なプラグインで開発者に合わせた機能を付けられる

こんな感じです。

特に、プラグインが他のエディタ以上に充実しているので、プログラミング言語や好みによってカスタマイズできる点が素晴らしいです。

VScodeを使うときの注意点

VScodeは無料なので、とりあえず入れておいて損はないのですが、使うときに注意すべき点はあります。

  • 言語が変わるたびにプラグインを入れる必要がある
  • ショートカットや設定を1つずつカスタマイズしておく必要がある

気にならない人もいるかもしれませんが、僕が個人的に「めんどうだな、、」と思った2点です。
もう少し詳しく説明します。

言語が変わるたびにプラグインを入れる必要がある

プログラミング言語によって、書き方が違うので、VScodeに専用のプラグインを入れて、何の言語を使っているかを教えないといけません。

プラグインを入れなくてもいいですが、コード整形や自動補完などが機能しなくなるので、エディタの魅力が半減します。

HTMLを使うならHTML専用のプラグイン、PHPを使うなら、PHP専用のプラグインを入れましょう。

ショートカットや設定を1つずつカスタマイズしておく必要がある

エディタによって、ショートカットキーや細かい設定が異なるのですが、他のエディタに使い慣れている人は、VScodeの設定に慣れないかもしれません。

その場合、VScodeを入れた時点で初期設定をする必要があります。おそらくVScodeにできないことはないと思うのですが、設定方法がややこしい場合があります。

最初だけ若干学習コストがかかる点は注意しましょう。

VScodeに勝るエディタはないのか?

VScode一択と言い切ってもいいのですが、こだわりのあるプログラマーは他のエディタのほうが向いている場合があります。

例えば、PHPを使っているならPHPSTORMがおすすめです。有料なのですが、有料なだけあって、PHPを使う上では苦労しません。

僕は元々PHPSTORMを使っていたので、VScodeに移行したときは、初期設定に苦労しましたし、PHPSTORMの方が使いやすいと感じました。
VScodeに移行した理由は、PHPSTORMはお金がかかるし、PHP以外の言語も使うようになってきたので、幅広い言語に対応しているエディタが使いたかったからです。

もしPHPを使っているなら、PHPSTORMがおすすめです。PHPSTORMを提供している会社、jetbrainsは、他にもRubyやPythonなど、言語別に適したエディタを提供しています。

他の無料エディタはどうなのか

プログラミングをするなら、VScode一択だと思います。
僕も過去には、

  • Atom
  • sublime text
  • IntelliJ IDEA
  • Eclipse
  • vim

などを使ったことがありますが、VScodeほど使いやすいエディタはありませんでした。

もし、プログラミング以外の用途(メモやブログなど)で使うのであれば、stackedit.ioがおすすめです。文章を書くのに適していますし、他サービスとの連携、クラウド上に保存できるなどの特徴があります。

今はVScode一択ですが、数年前はAtomが使いやすいと思っていましたし、もっと前はvimが当たり前でした。

IT業界の流れとともに、エディタも急速に進化していくはずなので、これからも使いやすいエディタがどんどん出てくると思います。いろいろと使ってみて、自分に合うエディタを見つけてもらえればと思います。