ジムに着ていくおすすめの服装
            ジムに入会したけど、どんな服装をすれば良いかわからないという人向けに、ジムでどんな服装をすれば良いかをまとめました。

服装だけでなく、持ち物について知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。
参照ジムに行く時の持ち物

基本的にはTシャツ短パン

まずジムに行く時にすでに運動できる格好で行かなければならないかという疑問に対してですが、これは何でも良いというのが答えです。
仕事前後に来る人はスーツですし、みんな更衣室で着替えるので、来る段階では何の服装でも構いません。
そして、ジムで運動する時に着るべきなのは、Tシャツと短パンです。
これは男女問わずこの格好が一番スタンダードです。
Tシャツは運動用のアンダーシャツがベストですが、持っていない人は普通のTシャツでも大丈夫です。
短パンはジーンズのような運動に適さないものはNGですが、パジャマのようなリラックス素材のハーフパンツであればなんでも良いです。

周りの人を見てマネをするのもあり

Tシャツ、短パンであればどのジムでも問題ないのですが、ジムによって雰囲気が違います。
例えばヨガやダンススタジオがメインのジムであれば、オシャレな人が多いでしょうし、マッチョが多いジムであれば、タンクトップの人が多いでしょう。
周りの人を見て、自分もこんな格好したいと思ったら似たような服装をしてみるのも良いかもしれません。
いろんな服装を試してみましょう。

おすすめのオシャレな服装〜女性向け〜

Tシャツ短パンだけだとダサいな〜と思う人向けに少しオシャレに見える女性用のアイテムを紹介します。

女性向けアイテム

  • タイツ
  • ショートパンツ
  • 髪留め

タイツ

女性はタイツを履いている人が多いですね。
タイツと言ってもストッキングや普段着るような黒タイツではなく、スポーツ用のタイツです。
足を出さなくて済みますし、黒系のタイツが多いので、足が細く見える効果も期待できます。

ショートパンツ

ショートパンツだけを履いている人は少ないですが、タイツと合わせるとオシャレに見えます。
ハーフパンツとタイツでも良いですが、ショートパンツを履いてタイツ部分を見せるようにするとオシャレ度がアップします。

髪留め

運動をしている人はポニーテールにしている人が多いです。
これはオシャレに見えるだけでなく、髪が邪魔にならないので、髪が長い人は髪を結ぶべきだと思います。

おすすめのオシャレな服装〜男性向け〜

男性向けのおしゃれアイテムもまとめましたので紹介します。

男性向けアイテム

  • タンクトップ
  • スウェット
  • 蛍光色のシューズ

タンクトップ

少し筋肉が付いてきたらタンクトップを着てみると良いでしょう。
鍛えている部分が見えるので、鏡を使いながら鍛えることでモチベーションを高める効果も出ます。

スウェット

少し小さめサイズのスウェットを着ると、足ががっちりしてみえて、オシャレになります。
大きめのサイズを着てしまうとパジャマみたいになってしまうので注意が必要ですが、足に筋肉が付いてきたらオシャレアイテムに変身します。
最近は私服としてスウェットを着ることもできるので、汗をかかないのであれば着替える手間を省くこともできます。

蛍光色のシューズ

普通の運動靴よりも、蛍光色のシューズを履くとオシャレ度が増します。
特にランニングシューズだと幅が細めのものが多いので、足元がすっきりしてかっこよく見えます。

最後に〜自分が動きやすい服装が一番です〜

男性用と女性用で分けましたが、女性でもタンクトップを着ることはできますし、男性でもタイツを履いている人はいます。
自分がオシャレに見えるアイテムを選ぶと良いでしょう。
Tシャツ短パンが一番無難なのですが、大事なのは自分が動きやすいかどうかです。
オシャレに決めすぎて満足に運動できないと意味がありませんから、まずは自分が一番動ける服装を基準に考えましょう。