Webライターになるのはやめとけと言われる理由

今回は、「Webライターになるのはやめとけ」という意見について、僕の見解を述べますね。

結論は、Webライターになるのはやめとけです。

議題の意見に同意します。

Webライターはクラウドソーシングで仕事が探せるなど、フリーランスになりたい人に人気な職業ですが、僕はおすすめしません。

その理由などについて解説していきますので、最後までご覧ください!

Webライターになるのはやめとけと言われる理由

なぜ、Webライターになるのはやめとけと言われるのかについて、理由を解説していきます。

全然稼げない

https://i0.wp.com/i.gyazo.com/2822fa47d795e5e32b29d8313d84f5fc.png?w=850&ssl=1

まず、Webライターは全然稼げないです。。

上記画像は、クラウドソーシングサイト「ランサーズ」でWebライターの案件を検索した結果です。

平均で1文字1円くらいになっています。高くても5円ですね。

1文字1円がどれくらいかというと、このブログ記事がだいたい3000文字くらいなので、これくらいの記事を1本書くと3000円です。

内容が完璧に把握できていれば1記事1時間以内で書くことができるので、時給は3000円になりますが、大抵の場合は、調べ物をしたり、内容に不備があって修正することになるので、3〜5時間くらいはかかります。

そうなると、時給は500円くらいにまで下がってしまうこともあるのです。

さらに、仕事探しの時間やクライアントとのやり取りに使う時間を考えると、時給は300円くらいになってしまう可能性もあります。

1文字5円くらいで案件を受注できれば良いですが、Webライターは人気の職業なので、いきなり高単価案件を受けることはできません。

最初は、時給1000円以下。最低時給以下で働くことを念頭に置いて、働く必要があります。

参入障壁が低い

Webライターは基本的に、誰でもできます。

文字を書けない日本人はほとんどいないですから、Webライティングの基礎さえ学んでしまえば、それなりにWebライターとしての仕事は受けることができます。

逆に言うと、誰でもできる仕事だからこそ、参入障壁が低くなって、競争が激化し、単価が下がっていくのです。

雑誌の編集者で働いていたなどのプロのライターとしての経験があれば別ですが、そうでない人がライターとして価値を持つのは簡単ではありません。

将来の仕事に繋げにくい

ライターとして1文字いくらの単価で働き続けても、お金はあまり稼げないことは言及しました。

Webライターから抜け出して他の仕事へとステップアップしていくべきですが、将来の仕事に繋げにくいのがWebライターです。

例えば、以下のようなキャリアがあります。

  • 編集者として企業に雇ってもらう
  • ライターのプロになって、コラムニストとかインタビュアーになる
  • 自分のブログやメディアを立ち上げて大きくしていく

これらのキャリアを目指すことになると思いますが、なかなか難しいと思われます。

例えば、自分のブログを立ち上げて、ライティング技術で稼ごうと思ったとします。

しかし、ブログやメディアで大切なのは、マーケティングであり、ライティングはマーケティングがあってこそ活きてきます。

発信する内容のセンスや分析、外注したライターの管理などができてようやく、ライティング力を見せつけることができるのです。

こういった理由から、Webライターを抜け出して、将来の仕事に繋げるのは難しいんです。

Webライターの代わりになるおすすめの職業

Webライターはやめとけって言うならどんな職業ならいいの?って人のために、Webライターの代わりになる職業を厳選しました!

動画編集者

https://i.gyazo.com/295d093e0db621395a9ff61bf1928366.png

動画編集者は、Webライターと同じく、1本いくらで受注します。

ランサーズで動画編集の案件を見てみると、1本1000円〜5000円くらいでした。

Web記事一本を変わらないと思うかもしれませんが、Webライティングは分からないことを調べながら進めていくのに対し、動画編集は既にある動画を切り貼りしたり、テロップを付ける作業になります。

調べる時間が無くなるため、だいたいこれくらいの時間で1本完成するだろうという予測が立てやすく、実作業時間はWebライティングに比べて短くなります。

また、文字より動画の方が将来性があります。

動画編集スキルは個性を出しやすく、動画編集ソフトを使いこなせるというだけで価値が生まれます。

また、自分でYoutubeチャンネルを立ち上げれば、ブログに比べて簡単にアクセスを集めることができます。

文字より画像、画像より動画の時代が来ているように、仕事のライティングより動画編集の方が時代に乗ることができます。

Webデザイナー

https://i.gyazo.com/f1969bf188e2a67c41745d39c003ad44.png

Webデザイナーもランサーズで案件を探してみました。

1つあたりの単価は、Webライティングや動画編集に比べて格段に高いことが分かります。

提案が100件以上あるので、この中からコンペに通るのは難しいですが、1度受けてしまえば短時間で高単価を得ることができます。

ロゴやデザイン作りにも定石はありますが、その人のセンスとか世界観もあるので、個性を出すことができます。

全く同じ絵を書く漫画家がいないように、デザイナーもそれぞれデザインセンスが違います。

複数のデザイナーにロゴやデザインを依頼してしまうと、世界観がバラバラになってしまうので、一度案件を受注できたら、継続的に仕事をもらえる可能性が高いということになります。

厳しい戦いを勝ち抜く必要がありますが、有名デザイナーだから良いというわけではなく、クライアントとの世界観が合っているかどうかが重要になります。

デザイナー初心者でも高単価で、継続して案件を受注できる可能性があるということです。

Webエンジニア

https://i.gyazo.com/cb7e15c7b4ce4f6aaa5dfc70fe54e80c.png

Webエンジニアの案件もランサーズで探してみました。

他の職業に比べると桁が1つ2つ違うことが分かりますよね。

プログラミングの知識が必要なので、参入障壁はそれなりに高いですが、一度Webエンジニアとしての実績を身につけてしまえば、あとはブルーオーシャンです。

提案数も20件くらいなので、Webデザインより競争率は低いことが分かります。

IT技術の進歩は早いので、ベテランエンジニアであっても最新の技術にはついて行けないことがあります。

初心者でも、最新技術をいち早く習得すれば、案件を受注できる可能性は高いです。

ただ、Webエンジニアなら最初は会社員の方が良いですし、どうしてもフリーランスになりたいなら、フリーランスエージェントを利用すべきですね。

ランサーズで案件を受注しているWebエンジニアはあまり聞いたことがありません。。

とはいえアルバイトよりはWebライターの方がいい!

居酒屋でアルバイトをしたり、Uber eatsの配達員になるよりはWebライターの方がいいと思います。

ライティングスキルが身につく

Webライターのデメリットを色々と挙げてきましたが、Webライターになることで、ライティングスキルが身に付きます。

一方、接客業のアルバイトをしてもスキルは何も身に付きませんし、Uber eats配達員も同様です。

単価が安くても何かしらのスキルを身につけることができれば、そこからもっと稼げる職に就くことは可能です。

可能性が少なからずあるという意味で、アルバイトよりはWebライターの方がいいと思います。

ブロガーや文章編集者などの道もある

現在こうやってブログを書いていますが、これくらいの文章を書けるようになるために、ほぼ無給で何年もブログを書いてきました。

この無給の時間を少しでもお金に変えられるWebライターは案外良いのかもしれませんね。

もしブログで稼ぎたいと思っているなら、Webマーケティングの会社員になって、Webライターを副業でやるのが最強だと思います!

まとめ: 時代の流れに合わせた職業選びをしよう!

ブログよりYoutubeの方がアクセスが集めやすくなり、稼げる時代になりました。

なので、Webライターよりは動画編集者になったほうが良いというわけですが、文章が無くなることは決してありません。

なので、Webライターが稼げなくなることも無いと思われます。(AIで文書書くとかはあるかも?)

誰でも始められるというのは、デメリットにもメリットにもなります。

とにかくすぐにでも副業を始めてみたい!というなら、Webライターになってみるのもありかもしれません。

おすすめの記事