【女性向け】女性が働きやすいIT企業の探し方

Share on:

この記事では、女性が働きやすい IT 企業の探し方について書いています。

女性エンジニアが少ないけど、職場でうまくやっていけるか不安です。

転職するときに女性が働きやすい会社を見つけるにはどうすればいいですか。

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、転職サイトで目的にあった会社を探しましょう。
これは女性に限ったことではないですし、IT 業界に限ったことでもないですね。

なぜ女性がエンジニアになるのに不安なのか、その理由をまとめました。

  • プログラマーは男性が多く、職場に男性しかいないから
  • ベンチャーみたいな小さな会社で育休のような制度があるかわからないから
  • プログラミングについていけるか不安

上記の悩みについて、丁寧にお答えしていきます。

プログラマーは男性が多く、職場に男性しかいないから

確かにプログラマーになるのは男性が多いです。これは事実ですね。

解決策としては、

  • プログラマー以外の部署がある
  • 社員数が多い大企業にいく
  • WEB デザイナーになる

のいずれかを満たす会社に行くことです。

プログラマー以外の部署がある

プログラマーに男性が多いのであれば、カスタマーや事務など女性が多い部署がある会社に行くことをおすすめします。

部署は違えど、女性が職場にいるというだけで不安はある程度和らぐと思います。

ただ、プログラマー以外の部署があるということはそれなりに大きな規模の会社なので、小規模ベンチャーに行きたいなら違う選択をしなければなりません。

社員数が多い大企業にいく

女性社員の割合が 2 割だとしても 1 万人の社員がいる会社なら 2000 人も女性がいます。

大企業に行くことで、大きな母数を取りにいくことができます。

ただ、これもベンチャーに行きたいという人には向かないですね。

WEB デザイナーになる

プログラマーではなくなってしまうのですが、WEB デザイナーになるという選択肢もあります。
なぜなら、WEB デザイナーは女性の割合が多いからです。

WEB デザイナーならプログラマーと同じような働き方もできますし、給与水準も変わりません。

プログラミングがしたいという人には向かないですが、自由な働き方を目指している人は WEB デザイナーもおすすめです。

ベンチャーみたいな小さな会社で育休のような制度があるかわからないから

ベンチャーは大企業みたいな福利厚生がないというのは合っています。

しかし、産休や育休といった制度は国が法律で定めているので、会社である以上は規模に関係なく育休を取ることは可能です。

詳しくは、育休を取らせてもらえない!会社による育休所得の拒否は違法?合法?を読んでみましょう。

プログラミングについていけるか不安

これはもう男女関係なくやるしかないですね。

遺伝子的には男性の方が数学的知能が高いとされていますが、プログラミング初心者レベルであれば努力でカバーできます。

女性だからプログラミングができないということは決してないので、がんばりましょう。

もし独学でプログラミングを学びたいのであれば、【初心者向け】プログラミングを独学するためのおすすめサイト 5 選が参考になります。

プログラミングスクールに通いたいのであれば、【元講師が推薦】プログラミングスクールのおすすめ 3 選を参考にしてください。

女性が転職するまでの道のり

ここまでの内容でお分かりの通り、プログラマーになるのに男女は関係ないです。

女性であっても転職をする前にやるべきことは、転職の目的を明確にして、いい会社を見つけることに限ります。

転職前に準備するべきことを詳しく知りたい人は、【転職希望者向け】転職前にどのような準備をすればよいのかを参考にしてみてください。

おすすめ記事 ベンチャー転職に使うべきおすすめの転職サイト

↓ 女性向けのプログラミングスクールです。