20代はまだまだ若いからなんでもできる

Share on:

ツイッターとかみてるとたまにありえないくらいすごい人いるし、20代でベンチャー企業起こして大金持ちになってる人たちをみてると、「出遅れた!!」って感じる。
そのくらいの心意気でスピード感ある行動をすれば良いんだけど、実際には20代から始めれば何事も遅くはないし、むしろ何をやっても早い方だと思った。
というのも、またしても先日の札幌セミナーの話になってしまうんだけど、20代の人なんてほとんどいなかった。
多分80人中10人もいなかったんじゃないかな。
ということは、ほとんどの人が30代になってまだ講師ではなくセミナー生という立場だということだ。
20代で不動産を初めて30代くらいで一人前の不動産投資家になることができれば、十分すぎるくらい早いのである。
そのことに気づいてからかなり気が楽になった。

札幌で出会った女の子たち

札幌のセミナーは男子限定とだったんだが、まあいろんな出会いがありまして(決して不純ではない)。
若い女の子とも話す機会があった。
4〜5人くらいの人たちと話して思ったのが、「みんな何も考えてないな。」ということである。
女性ディスではなく、そりゃ不動産セミナーに来るような男たちに比べればそこらへんにいる女の子たちは何も考えてないように思えてしまうのである。
おそらく東京の大学に通っている男たちだって何も考えてないだろうから、差別的な発言ではない。
まあ、将来のことは何も考えてない感じだったんだな。
とりあえず社会人になる人。
パソコンが使えない大学生。
28才で夜遊びをしている人。
アニメとディズニー命の人。
フリーター。
誰1人として将来はこうなりたい。という目標を持っている人はいなかった。
とはいっても、その中で可愛い子は不動産セミナーで必死に資産作った真面目な男を捕まえて楽々と生きていくんだろうなーとも思ったが。
それはそれで人それぞれの生き方があるから否定はしない。
女の子たちの将来はどうでも良いけど、まずは自分の資産作りに本気を出さないとなーと。

ざっくり将来の目標

そういうお前は将来の目標とかあるんか!と言われてしまうから一応私の目標も書いておこう。
まずは20代でサラリーマンをやめる!
これは結構簡単に達成できそうだ。
なぜかというと、私はプログラマだからフリーランスエンジニアになればサラリーマンではなくなるからだ。
単価マンに変わるだけでほとんど仕事内容は変わらないんだけど。。
会社員という身分を捨てて、個人として生きていく(もしくは法人)ことで、お金や時間をできるだけ自由に使いたいという思いがある。
フリーランスになると税金の計算とか大変と思われがちだけど、自分で節税できると思えば、むしろ自分で計算した方が良い気がする。
法人・税金・不動産・ビジネスなんかは会社員だと経験できないことだけど、社会で生きていくうえで非常に大切な知識だ。
だからこそこれらの知識を身に付けたいし、社会についてよく勉強し、実践することで、自由なお金と時間を手に入れたいと思っている。