無料でYoutubeの広告を消す方法【PC、iOS、Android対応】

無料でYoutubeの広告を消す方法【PC、iOS、Android対応】

 自宅に引きこもることが多くなり、Youtubeを見る機会が増えたと思います。Youtubeはとても面白いのですが、気になるのが広告です。Youtubeもボランティアではありませんから広告で収益を取るのは良いと思うのですが、この記事を見に来た人にだけ特別にYoutubeで広告を消す方法を教えます。

PCでYoutubeの広告を消す方法

 ChromeブラウザのWEBストアから、AdBlockをインストールするだけです。  広告ブロック系のアプリはたくさんありますが、AdBlockが一番いいと思っています。長い間使っていますが不具合を感じたことはありません。  他の広告ブロックアプリの中には、ウイルスが入っているようなものもあるみたいです。僕はそれをインストールしてしまって、PCが動かなくなってしまいました。アプリを選ぶ時は、評価数が多くて、評価が高いものを選ぶようにしましょう。

AndroidでYoutubeの広告を消す方法

 AndroidだとChromeの拡張機能を使うことができません。そこで使いたいのが、Kiwi Browserというブラウザアプリです。  ほとんどChromeと同じ動きをして、拡張機能も使うことができます。ブラウザを開き、「右上ハンバーガーメニュー」→「拡張機能」→「AdBlock」を導入しましょう。

 注意点は、Youtubeの公式アプリでは広告を削除できないことです。ブラウザから見る時のみ、広告が削除されます。ブラウザだと若干使い勝手が悪いのですが、広告を見るよりマシだと思う人向けです。  ※この方法での広告ブロックは100%ではないようです。たまに広告が再生されてしまうことや動画自体が再生されないこともあります。

iOSでYoutubeの広告を消す方法

 iOSでは、拡張機能はもちろん、Kiwi Browserも使うことができません。おすすめの方法は、「Firefoxを使うこと」です。  Firefoxはスマホでも拡張機能を使うことができるので、広告ブロックの拡張機能をインストールするだけです。

 こちらも、Youtubeアプリではなく、ブラウザを使用しなければ広告はブロックされません。あと、個人的に使ってみて思ったのが、FirefoxはChromeに比べると動作が遅く感じるので、あまりおすすめはできません。素直に広告を見たほうがいいレベルです。。

まとめ

 自宅でYoutubeを見るなら、PCを使うのがおすすめです。外でYoutubeをよく見るなら、Youtubeプレミアムにすると、広告が削除されるだけでなく、バックグランド再生やオフライン再生もできるようになります。さらに、音楽が聴き放題のYouTube Musicプレミアムも付いてくるので、大変お得です。 

 広告削除は違法ではありませんが、「Youtubeに感謝の気持ちを持つべき」とか「倫理的に無料で見るのはいかんでしょ」と思う人は、広告を消さずに我慢するか、Youtubeプレミアムというサービスに課金をすることで、正しい方法で広告を消すことができます。  Youtubeプレミアムなら、音楽も聴き放題なので、音楽サービスに課金をしていない人はYoutubeプレミアムを選択肢に入れてみるのもいいと思います。

Youtube Premiumに登録する

 広告の無料ブロックは推奨されるものではありません。Youtubeは広告を流すことで収益を得ているからです。また、無料ブロックするには手間がかかるし、使い勝手が悪くなることもあります。  広告の煩わしさから解消されても、使い勝手の面で煩わしくなってしまっては意味がありません。素直に広告を見るか、有料課金するかを考えた方がいい場合もあるので、無料広告ブロックに頼りすぎは注意しましょう。