駆け出しエンジニアを気持ち悪いと感じてしまう理由

kakedashi-engineer
  • URLをコピーしました!

プログラミング初心者であることを表す「駆け出しエンジニア」というハッシュタグやアカウント名をTwitterで見かけることがあります。

駆け出しエンジニアを発見

ベテランエンジニアの中には、「駆け出しエンジニア」は気持ち悪いと感じる人もいるようです。

なぜ駆け出しエンジニアを気持ち悪いと感じてしまうのか、その理由について解説します!

この記事でわかること

  • 駆け出しエンジニアを気持ち悪いと感じてしまう理由
  • 駆け出しエンジニアと名乗らない方がいい理由
  • 駆け出しエンジニアが気持ち悪いと言われない方法

ぜひ最後までご覧ください!

目次

駆け出しエンジニアを気持ち悪いと感じてしまう理由

僕がエンジニアの駆け出しだった頃、Twitterで「駆け出しエンジニア」と名乗る人はいませんでした。

僕も駆け出しの頃は、Twitterで初心者同士で繋がる風習は無かったし、ひたすら1人でモクモク勉強の日々だったからです。

誰かが数年前に「#駆け出しエンジニアと繋がりたい」というハッシュタグで発信を始め、徐々に広がっていったのだと思われます。

そんな駆け出しエンジニアと名乗る人たちを、ベテランのエンジニアの中にはよく思っていない人がいるようです。
なぜそんなに毛嫌いするのでしょうか。

勉強中なのにSNSで頻繁に発信しているから

一刻も早くプログラミングスキルを身につけて、エンジニアになろうとしている人がTwitterをやっていることに違和感があるからです。

  • 今日何をやった
  • 将来こんなことをしたい
  • ポートフォリオのアイデアを思いついた

など、発信内容は様々ですが、そんなことをしている暇があるなら勉強しろというのが、ベテランエンジニアの意見なのでしょう。

そういった発信をすることで、

  • 仲間と一緒に勉強できる
  • 先輩にアドバイスを教えてもらえる
  • 採用担当者に頑張ってるアピールができる

などのメリットもありますが、プログラミング学習は結局は一人でやるものですから、周りの人を巻き込むだけ成長はしません。

  • チーム開発の実践がしたい
  • どうしても分からないことを聞きたい

というときだけ、SNSで発信をするようにして、それ以外は受験勉強のように自分の部屋に籠もってもくもく勉強するべきです。

初心者同士での繋がりが多いから

「駆け出しエンジニア」のハッシュタグで繋がるのは、基本的には駆け出しエンジニア同士だけです。

初心者同士で繋がっても、慰め合いができるだけで、プログラミングスキル向上に役立つことはほとんどありません。

たまに、説教をしたがる説教おじさんから、「エンジニアとは」をひたすら聞かされるくらいです笑

オンラインサロンなんかも同じですが、初心者ばかりで集まってもそこから抜け出すことはできないので、孤独と戦いながら作業量、勉強量で初心者を抜け出すべきだと思います。

PHPが難しいと感じる人に言いたいこと【勉強方法を伝授します】

いつまでも駆け出しから抜け出さないから

自分から駆け出しと名乗ってしまうと、いつまで経っても駆け出しから抜け出すことはできません。

駆け出しエンジニアという立場を止めてしまうと、今まで一緒に勉強してきた仲間やフォロワーがいなくなると考えてしまい、そのまま駆け出しエンジニアを名乗っておこうという気持ちになるからです。

だったらむしろ「プロエンジニア」みたいに背伸びをして、必死にプロエンジニアを目指す方が自分のためになると思います。

駆け出しエンジニア」には、自分は駆け出しだから優しくしてねという甘やかしすらも感じるようです。

駆け出しエンジニアと名乗らない方がいい理由

SNSだけでなく、面接時などにおいても、エンジニア初心者は駆け出しエンジニアと名乗らないほうがいいです。

駆け出しエンジニアと名乗らないほうがいい理由

  • 初心者アピールにメリットは無い
  • ベテランエンジニアが優しく教えてくれるわけではない
  • 最短で一人前を目指すべき

初心者アピールにメリットは無い

初心者であることをアピールすれば、一部のベテランエンジニア(説教おじさん)がフォローしてくれるかもしれませんが、転職にはマイナスになります。

この人は初心者だから採用しないとか、給料は安くてもいいだろうとなめられてしまうからです。

仮に素晴らしいポートフォリオを作ったとしても、初心者と見られるだけでポートフォリオの価値を発揮できなくなってしまいます。

初心者であっても、はっきりと「一人前エンジニア」と名乗りましょう。

未経験でエンジニアはやめとけと言われる理由と現役エンジニアの反論

ベテランエンジニアが優しく教えてくれるわけではない

初心者であることを発信しておけば、ベテランエンジニアに優しく教えてもらえると思ったら大間違いです。

むしろ説教を受けるばかりで、厳しく当たってくることもあります。
駆け出しエンジニアと名乗ってしまうと、他のエンジニアに見下されてしまうからです。

一人前のエンジニアと名乗っておけば、対等な関係でいられるので、分からないことを教えてくれることもあるでしょう。

ただ、プログラミングは基本的に独りで学ぶものであり、誰かに教えてもらうという姿勢だと、いざエンジニアとして働くことになったときに厳しい思いをします。

最短で一人前を目指すべき

これからエンジニアになりたい駆け出しエンジニアは、Twitterで発信したりせず、とにかく勉強を進めましょう。

それで最短でプロのエンジニアになったら、そこからTwitterで発信すればいいのです。

その方が価値のある内容を発信することができるし、一人前のエンジニアとして堂々と発信できるため、周りのフォロワーも優秀な人が集まります。

SNSの使い方は様々ですが、何も持っていない人(駆け出しエンジニア)より、何かしら持っている人(エンジニアになれた人)の発信の方が面白いと思います。

転職がSNS感覚でできる?話題の転職SNSを紹介します!

駆け出しエンジニアが気持ち悪いと言われない方法

駆け出しエンジニアが気持ち悪いと言われないためにはどうすれば良いのでしょうか。

  1. SNSをやらない
  2. 駆け出しエンジニアと名乗らない
  3. 対面で多くの人と接する

SNSをやらない

駆け出しエンジニアのうちはSNSはやるべきではありません。

SNSを見てしまうと時間を浪費してしまいますし、発信する内容もあまりありません。

「駆け出しエンジニアが一人前のエンジニアになるまでの成長過程」を発信することもできますが、本来の目的である「エンジニアになる」ことが結局おろそかになってしまいます。

最短でエンジニアになるためには、SNSを断ち切ってひたすら勉強あるのみでしょう。

効率の良い学習方法を知りたいのであれば、SNSではなく、プログラミングスクールに通ったほうが良いと思います。

プログラミングスクールの賢い使い方は、プログラミングスクールは無駄なのか【賢く使えば無駄にならない】で解説しています。

駆け出しエンジニアと名乗らない

たとえ駆け出しのエンジニアであっても、「駆け出しエンジニア」と名乗ることにメリットはありません。

言い方を変えたほうがいいでしょう。

  • プログラミング学習中の営業マン
  • バイトからエンジニア目指す
  • Ruby大好きエンジニア

みたいな感じで、駆け出しっぽさは残しつつも、「駆け出しエンジニア」と名言しないほうが印象は良くなります。

ハッシュタグも駆け出しエンジニアは使わず、「#プログラミング大好き」とか、印象が良くなるようなハッシュタグを使いましょう。

対面で多くの人と接する

ツイッターなどのSNSは顔が見えないから、いろいろと言われてしまうことが多いです。

お互いに顔を知っていれば変なことは言えなくなります。

なので、プログラミング勉強会や講演会で、いろんな人と対面で会い、SNSでつながることをおすすめします。

  • 顔を知っているから叩かれない
  • 優しくアドバイスしてくれる可能性が高くなる
  • 現役エンジニアの顔を知れて、やる気が出る

上記のようなメリットがあります。

対面でのイベント開催は少なくなっていますが、Zoomセミナーでもやる気を出すには十分ですし、SNSより有益な情報が得られると思います。

まとめ: 駆け出しエンジニアは心の中に留めておこう!

今回は、SNSなどで駆け出しエンジニアが気持ち悪いと言われている理由について解説しました!

駆け出しエンジニアを気持ち悪いと感じてしまう理由

  • 勉強中なのにSNSで頻繁に発信しているから
  • 初心者同士での繋がりが多いから
  • いつまでも駆け出しから抜け出さないから

SNSをやらずに一人で勉強してきたベテランエンジニアからすると、駆け出しエンジニアの存在は理解できないのかもしれません。

駆け出しエンジニアと名乗らない方がいい理由

  • 初心者アピールにメリットは無い
  • ベテランエンジニアが優しく教えてくれるわけではない
  • 最短で一人前を目指すべき

最短で駆け出しエンジニアから一人前のエンジニアになれるように、SNSでの発信よりも勉強を進めていきたいですね!

駆け出しエンジニアが気持ち悪いと言われない方法

  • SNSをやらない
  • 駆け出しエンジニアと名乗らない
  • 対面で多くの人と接する

駆け出しエンジニアであることをアピールしたくなって、ついTwitterで繋がりたいと思う人は、心の中で留めておくか、言い方を変えてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次