駆け出しエンジニアを気持ち悪いと感じてしまう理由

プログラミング初心者であることを表す「駆け出しエンジニア」というハッシュタグをTwitterで見かけることがある。

ベテランエンジニアの中には、「駆け出しエンジニア」は気持ち悪いと感じる人もいるようだ。

駆け出しエンジニアを気持ち悪いと感じてしまう理由

今のエンジニアが駆け出しだった頃、Twitterで「駆け出しエンジニア」と名乗る人はいなかった。

僕も駆け出しの頃は、Twitterで初心者同士で繋がる風習は無かったし、ひたすら1人でモクモク勉強の日々であった。

勉強中なのにSNSで頻繁に発信しているから

一刻も早くプログラミングスキルを身につけて、エンジニアになろうとしている人がTwitterをやっていることに違和感があるようだ。

  • 今日何をやった
  • 将来こんなことをしたい
  • ポートフォリオのアイデアを思いついた

など、発信内容は様々だが、そんなことをしている暇があるなら勉強しろというのが、ベテランエンジニアの意見なのだろう。

初心者同士での繋がりが多いから

「駆け出しエンジニア」のハッシュタグで繋がるのは、駆け出しエンジニア同士である。

初心者同士で繋がっても、慰めあいができるだけで、プログラミングスキル向上に役立つことはなにもない。

たまに、説教をしたがる説教おじさんから、「エンジニアとは」をひたすら聞かされるくらいである。

いつまでも駆け出しから抜け出さないから

自分から駆け出しと名乗ってしまうと、いつまで経っても駆け出しから抜け出すことはできない。

****自分は駆け出しだから優しくしてね****という甘やかしすらも感じるようだ。

駆け出しエンジニアと名乗らない方がいい

エンジニア初心者は、駆け出しエンジニアと名乗らないほうが良いだろう。

初心者アピールにメリットは無い

初心者であることをアピールすれば、一部のベテランエンジニア(説教おじさん)がフォローしてくれるかもしれないが、転職にはマイナスである。

****この人は初心者だから採用しない****とか、給料は安くてもいいだろうとなめられてしまう。

仮に素晴らしいポートフォリオを作ったとしても、初心者と見られるだけでポートフォリオの価値を発揮できなくなってしまう。

初心者であっても、はっきりと「エンジニア」と名乗ろう。

ベテランエンジニアが優しく教えてくれるわけではない

初心者であることを発信しておけば、ベテランエンジニアに優しく教えてもらえると思ったら大間違いである。

わざわざエンジニアについて教える理由がないからだ。

プログラミングは基本的に独りで学ぶものであり、誰かに教えてもらうという姿勢だと、いざエンジニアとして働くことになったときに厳しい思いをするだろう。

最短で一人前を目指すべき

これからエンジニアになりたい駆け出しエンジニアは、Twitterで発信したりせず、とにかく勉強を進めよう。

それで最短でエンジニアになったら、そこからTwitterで発信しよう。

その方が価値のある内容を発信することができるし、一人前のエンジニアとして堂々と発信できるため、周りのフォロワーも優秀な人が集まるだろう。

まとめ: 駆け出しエンジニアは心の中に留めておこう!

駆け出しエンジニアであることをアピールしたくなって、ついTwitterで繋がりたいと思う人は、心の中で留めておこう。

駆け出しエンジニアであることのメリットは無いし、すぐにでも一人前のエンジニアになりたい人がわざわざ、時間をかけて、Twitterで駆け出しエンジニアをアピールする必要は無い。

おすすめの記事