サービスエンジニアはやめとけと言われる理由とは?【サービスエンジニアってなに?】

  • URLをコピーしました!

「サービスエンジニアとしてのキャリアを選ぶべきか、それとも避けるべきか?」
30歳の男性として、この疑問に悩んでいませんか?
サービスエンジニアの仕事は、多岐にわたる業務内容と、それに伴う魅力や課題があります。
一方で、市場からは「やめとけ」という声も。
しかし、真実は一体どうなのでしょうか?
この記事では、サービスエンジニアとしてのリアルな現場を徹底解説します。
あなたのキャリア選択の参考になる情報をお届けしますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

サービスエンジニアが「やめとけ」といわれる理由

  • 仕事にプレッシャーが伴うから
  • 顧客との直接的なコミュニケーションが多いから
  • 労働時間が不規則になりやすいから
  • 常に勉強が必要だから

サービスエンジニアという職種は、多くの人々から「やめとけ」と言われることがあります。その背景には、以下のような理由が考えられます。

仕事にプレッシャーが伴うから

サービスエンジニアは、企業の製品やサービスの品質を保つための重要な役割を担っています。そのため、顧客からの要望やクレームに迅速かつ的確に対応する必要があり、そのプレッシャーは決して小さくありません。例えば、大型の機械が突如故障した場合、その原因を特定し、迅速に修理することが求められます。

顧客との直接的なコミュニケーションが多いから

サービスエンジニアは、顧客と直接対話する機会が多いです。そのため、コミュニケーション能力が求められる一方、顧客の要望や不満に直接対応することが多く、精神的な負担が大きいこともあります。例えば、新しい製品の導入に伴うトレーニングや、故障した機器の修理など、顧客の前での作業が主となります。

労働時間が不規則になりやすいから

サービスエンジニアの仕事は、顧客の都合に合わせることが多いため、労働時間が不規則になりやすいです。夜間や休日に出動することも珍しくありません。例えば、病院の医療機器が故障した場合、患者の命に関わるため、すぐに対応する必要があります。

常に勉強が必要だから

技術の進化は日進月歩であり、サービスエンジニアとしてのスキルや知識を維持するためには、常に勉強が必要です。新しい技術や製品の知識を習得するための研修やセミナーに参加することも多く、自己投資が欠かせません。

サービスエンジニアは「やめとけ」って本当?

  • サービスエンジニアの仕事の実態
  • 企業や業界による違い
  • サービスエンジニアに向いている人の特徴

「サービスエンジニアはやめとけ」という意見がある一方で、実際の仕事の内容や魅力を知ることで、この職種への理解が深まるでしょう。

サービスエンジニアの仕事の実態

サービスエンジニアの主な仕事は、企業で販売した機械製品や設備の保守・メンテナンスです。要望に応じて、クライアントの企業に出向き、設置や配線、保守・点検などを行い、安定して動作するようにします。扱う機器は多岐にわたり、IT関連機器から医療機器、ビルの設備まで様々です。機械は使用年数と共に劣化が進むため、定期的な点検や修繕が必要となります。サービスエンジニアの仕事は、顧客のビジネスを支える重要な役割を果たしています。

企業や業界による違い

サービスエンジニアの仕事内容は、所属する企業や業界によって異なります。IT系企業では、コンピューターやネットワーク機器の設定やトラブルシューティングが主な業務となります。一方、建設業界では、建物の設備や機械のメンテナンスが主な業務となるでしょう。このように、サービスエンジニアの業務内容は多岐にわたるため、自分の興味やスキルに合わせて選ぶことができます。

サービスエンジニアに向いている人の特徴

サービスエンジニアに向いている人は、技術的な知識を持ちつつ、人とのコミュニケーションが得意な人です。顧客との直接的なやり取りが多いため、コミュニ

ケーション能力は必須です。また、機械や設備の知識も必要とされるため、学び続ける姿勢が求められます。具体的には、新しい技術や製品に対する興味や、問題解決のスキルがある人が向いています。

サービスエンジニアとして働く魅力

  • 人から感謝してもらえる
  • 時間を比較的自由に使える
  • 新しい経験ができる

サービスエンジニアとして働く魅力について、以下の点を挙げることができます。

人から感謝してもらえる

サービスエンジニアは、顧客の問題を解決する役割を担っています。そのため、トラブルを解決した際には、顧客から直接感謝の言葉をもらうことが多いです。例えば、重要な商談中にプロジェクターが故障した際、迅速に対応して修理した場合、その商談が成功する大きな要因となり、感謝されることが多いです。

時間を比較的自由に使える

サービスエンジニアの仕事は、顧客の都合に合わせることが多いため、自分の時間を比較的自由に使うことができます。例えば、午前中に作業を終えた場合、午後は自分の時間として利用することができます。また、休日出勤がある一方で、平日に休むことも可能です。

新しい経験ができる

サービスエンジニアは、様々な業界や企業の現場に出向くことが多いため、新しい経験を積むことができます。例えば、医療機器のメンテナンスのために病院に出向いたり、新しいビルの設備点検のために建設現場に足を運ぶこともあります。このような経験は、他の職種では得られない魅力と言えるでしょう。

サービスエンジニアへの転職のコツ

  • 希望している業務内容か
  • 担当エリアが広すぎないか
  • 研修制度が充実しているか

サービスエンジニアへの転職を考えている方に、以下のコツをお伝えします。

希望している業務内容か

転職を考える際、まずは自分が希望する業務内容が明確になっているかを確認しましょう。サービスエンジニアの業務は多岐にわたるため、自分の興味やスキルに合った業務を選ぶことが大切です。例えば、IT関連の機器に興味がある場合、IT系の企業を選ぶと良いでしょう。

担当エリアが広すぎないか

サービスエンジニアは、担当エリアによって出張の頻度や距離が変わってきます。自分のライフスタイルや家庭の事情を考慮して、担当エリアが広すぎないかを確認しましょう。例えば、家族との時間を大切にしたい場合、遠方への出張が多い企業は避けると良いでしょう。

研修制度が充実しているか

サービスエンジニアは、常に新しい技術や製品の知識を習得する必要があります。そのため、研修制度が充実している企業を選ぶことが大切です。例えば、新入社員研修や技術研修など、しっかりとした教育制度が整っている企業を選ぶと良いでしょう。

まとめ|サービスエンジニアとしてのキャリアを選ぶ前に知っておくべきこと

サービスエンジニアとしての仕事は、顧客との直接的なコミュニケーションや不規則な労働時間、常に進化する技術の追求など、多岐にわたる業務内容があります。
しかし、その中には人からの感謝や自由な時間の使い方、新しい経験を得ることなどの魅力もたくさん存在します。
また、30歳の男性としてのキャリア選択には、サービスエンジニアとしてのメリットやデメリットをしっかりと理解し、自分自身の価値観やライフスタイルに合った選択をすることが重要です。
以下は、本記事で取り上げたポイントの簡潔な表です。

キーポイント詳細
仕事のプレッシャー顧客との直接的なコミュニケーションが多いため
労働時間不規則になりやすい
常に勉強が必要技術の進化に追従するため
人からの感謝顧客の問題を解決することで得られる
自由な時間の使い方フレキシブルなスケジュールが可能

最後に、キャリア選択は一生のもの。
しっかりと情報を取得し、自分にとって最適な道を選びましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次