FIREしたいならまずエンジニアになろう!エンジニアがFIREに向いている理由

こんにちは。ケンジです。

流行りのFIREについて書きますね。

FIREに一番向いているのは、エンジニアです。もうFIREが目の前にぶら下がっている感じです。

もし、現状だとFIRE達成が全然見えてこないのであれば、エンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

スクールに通う前に、【スクール不要】独学で勉強してエンジニアになる方法を参考に、一歩踏み込んでみるのも悪くないと思います。

さて、なぜエンジニアがFIREに向いているのかを、順を追って説明していきますね。

FIREとは何か

FIREはアーリーリタイアのことです。定年を迎える前に、働かなくても生きていける状態を作ることをアーリーリタイア(FIRE)と言います。

アメリカでブームになったFIREですが、ここ数年で日本にもブームがやってきました。

前からリタイアして南の国で暮らしたいみたいな願望を持っている人はいたと思いますが、それは一部もお金持ちの人だけしか達成できない夢でした。

リタイアすることが「FIRE」としてブームになったのは、以下のような理由が考えられます。

  • リーマンショック後の株価高騰により、普通のサラリーマンでもFIREできるようになった
  • 普通のサラリーマンでも不動産投資に参入できるようになった
  • 起業や副業がお手軽になり、収入を大きく伸ばせるようになった
  • 定年まで働く、年金をもらうことが当たり前ではなくなった

このような理由があって、FIREしやすい時代になりました。

FIREは、どんな職業の人でもできると言われていますが、その中でも特にFIREしやすいのがエンジニアです。

エンジニアがFIREに向いている理由

エンジニアがFIREに向いている理由は以下の通り。

  • 収入が高い
  • 週3日のような働き方ができる
  • 基本副業OK
  • ITリテラシーが高い

1つずつ見ていきましょう。

収入が高い

エンジニアは、平均に比べると収入が高いです。

dodaによる平均年収ランキングをご覧ください。

平均年収ランキング(165職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】

全体の平均年収が403万円に対して、IT業界の平均年収は438万円です。たったの35万円と思われるかもしれませんが、

  • IT業界は若い人が多い
  • フリーランスエンジニアも含めるとさらに年収が高くなる

といった理由から、実際にはもっと収入が高いと言えます。

「投資銀行業務とかの方が収入が高くていいんじゃない?」

と思われるかもしれませんが、

  • 一部のエリートしか働けない
  • 業務時間が長い
  • リモートワークができない場合あり

などの収入以外の理由から、万人におすすめできる職種ではありません。

もちろん、学歴があってバリバリ働ける人にはおすすめかもしれませんけどね。

週3日のような働き方ができる

ヤフーが週休3日制度を導入したことで話題になりました。完全リモートワークも実施したことでも話題になりましたね。

ヤフー 4月から一部週休3日制導入へ

エンジニアはリモートワークができる職業ですし、IT業界は働き方改革も進んでいます。

自由は働き方ができるようになればなるほど、FIRE達成に近づきます。その理由は以下。

  • 副業できる時間が増える
  • 家賃の安い場所に住むことができる
  • サイドFIREがしやすい

3つ目のサイドFIREについて解説しておきます。

サイドFIREとは、ちょっとだけ働きながらFIREする方法です。完全に仕事を辞めるわけではないので、資産をある程度貯めた段階で達成することができます。

収入が高くて週3日だけ働くことができるエンジニアなら、資産ゼロでもサイドFIREを達成できる可能性があります。

基本副業OK

IT業界では、基本副業OKなので、スキマ時間で副業して、資産を増やすことが可能です。

FIRE達成した人のほとんどが、副業で資産を作っています。会社員だけでFIREするのは難しいのが現実です。

副業を始めたい方は、在宅でできるエンジニアにおすすめの副業を参考に、副業を始めてみてはいかがでしょうか。

ITリテラシーが高い

ITを使わずにFIREするのは難しいです。証券口座を開いて投資信託を買うとか、ブログを書いて収入を得るとかがFIRE達成の王道だからです。

非ITっぽい不動産投資ですら、ポータルサイトでの物件探しは必須ですし、情報収集にもITリテラシーは欠かせません。

サイドFIREならもっと簡単

エンジニアがFIREを目指すなら、まずはサイドFIREがおすすめです。

フリーランスになって週3日だけ働いて、残りの4日はのんびりと過ごしたり、副業をして資産を作ることができます。

リモートワークなので、沖縄とか海外とかで働くことだってできますし、旅をしながら働くノマドワークもできます。

エンジニアは、フルタイムで働かなくてもいいというメリットがあるので、最大限に活かしましょう。

まとめ: エンジニアになってFIREしよう!

エンジニアほどFIREに向いている職業はないと思います!

FIREする方法を調べると、固定費を下げて節約する方法が出てきますが、収入が少ない状態で節約をしても限界があります。月収20万円を切り詰めても、20万円以上のお金は残りません。

それよりも、収入を増やすことが最優先です。

  1. 収入を増やす
  2. 節約する
  3. 労働時間を減らす

この順番でFIREを目指すといいでしょう。

収入を手っ取り早く増やす方法は、転職をすることですが、スキルをアピールできるエンジニア転職をするのが一番の近道です。

エンジニアになる方法については、エンジニア転職を成功させる方法まとめにまとめていますので、ぜひご覧ください。

おすすめの記事