リモートビズの評判と口コミは?【業務委託も正社員もリモートできる】

こんにちは。ケンジです。

今回は、リモートビズについて解説していきます。

リモートビズは、株式会社セルバによって運営されているフリーランスエージェントです。

以前は、テックゲートというサービス名でしたが、リモートビズという名前に変わって、リモート案件を取り扱っていることをアピールしているように思えます。

名前の通りリモートビズは、リモート案件のみを扱うフリーランスエージェントですが、他にもどのような特徴があるのか解説していきます。

それでは、始めます。

リモートビズのメリット

リモートビズ最大のメリットは、完全リモートの案件が豊富な点です。

完全リモートの案件数が豊富

ほぼ全ての案件がリモートワークに対応していて、フルリモート案件も多数あります。

最近は他のエージェントでもリモート案件が多くなっていますが、全ての案件がリモートというエージェントは珍しいです。

地方に住んでいて、リモート案件しか受けられないエンジニアなんかは、紹介される案件が全てリモートなら安心して頼めますよね。

週2日〜副業案件が豊富

副業案件も扱っています。

エージェント形式で副業案件も扱っている企業は珍しく、ほとんどのエージェントがフルタイム案件しか取り扱っていません。

また、副業案件を扱うサービスはエージェントではなく、マッチングサービスがほとんどなので、エージェントに副業案件を紹介してもらえるのは、リモートビズ以外にないと思われます。

案件の決め方やどんな条件で探せば良いのか分からないという人は、エージェントに相談した方が良いので、副業を始めたい人にもおすすめのエージェントです。

正社員契約もある

フリーランスになるか、正社員のまま続けるか迷っている人のために、正社員転職案件も用意してあります。

条件さえ良ければ、フリーランスになってリスクを取る必要もないので、どちらも同じ条件で探して、契約形態は気にしなくてもいいという人におすすめです。

自社でもWebサービスを開発している

自社でWebサービスを開発しているということは、担当者が開発内容に詳しい可能性が高いです。

エージェントサービスだけを運営している企業だと、担当者がITに詳しくない場合もありますが、Webサービスを運営していれば、多少は現場感が分かっているはずです。

また、紹介できる案件が少ない場合に、自社のWebサービス開発案件を紹介することもできます。

リモートビズでは、ASPの開発をしているようなので、スキルがもう少しないと案件を紹介できないという人には、株式会社セルバが開発しているASPの案件に携われるかもしれません。

オンラインサロンがある

リモートビズに登録している人は、オンラインサロンに加入することができます。

エンジニア同士の情報交換ができたり、カジュアルに案件の紹介を受けることができるようになっています。

フリーランスになると、周りのエンジニアとの情報交換の機会が少なくなりますから、オンラインサロンに加入してみるのもいいと思います。

リモートビズのデメリット

リモートビズのデメリットについても紹介します。

高単価案件が少ない

リモートビズは1万件以上の案件を公開していますが、そのどれもがあまり高単価ではありません。

時給5000円以下の案件が多く、月単価にすると、80万円以下となります。

フルタイムで仕事を探す場合、月80万円以上の案件を請けるのは難しいのが現状です。

60万〜70万くらいなら全然狙えるので、希望単価がそれくらいの人にとっては豊富な案件があります。

大企業の案件は少なめ

リモート&副業案件が多いということもあり、スタートアップ、ベンチャー企業が多めです。

大企業でまったりと仕事したい、年齢的に若い人たちと仕事をするのはキツイという人には向かないかもしれません。

ただ、働き方はかなり自由になりますから、リモートワークだけでなく、始業時間も自由な案件も企業によってはあります。

時短勤務や休日の副業を考えている人は、スタートアップ、ベンチャー企業の働き方のほうが向いているかもしれません。

実務経験が最低3年は必要

リモートワークなので、即戦力で、キャッチアップができる人が求められます。

そうなると、少なくとも実務経験が3年は必要です。

他のエージェントなら、実務経験1年くらいで仕事を紹介してもらえるので、ちょっとハードルが高めですね。

  • 未経験: 正社員になる
  • 経験1年〜3年: 常駐フリーランス or 正社員継続
  • 経験3年以上: リモートフリーランス

こんな感じで、実務経験ごとに合っている働き方があるので、3年間はリモート案件を求めすぎない方がいいでしょう。

リモートビズをおすすめする人

リモートビズをおすすめする人をご紹介します。

地方在住のエンジニア

地方在住のエンジニアにとって、リモート案件は生命線なので、登録はしておいたほうが良いと思います。

数年前まで常駐案件がほとんどだったフリーランスエンジニアですが、ここ数年で一気にリモート案件が増えました。

今後、また常駐案件に戻る可能性もある中で、リモート案件を多く扱うエージェントと関係を築いておいたほうが、将来の仕事探しにも困らなくなるはずです。

正社員とフリーランスで迷っている人

正社員と業務委託の仕事を両方とも探せるエージェントは珍しいです。

今正社員として働いているけど、フリーランスになってみたいと思っている人に、リモートビズはおすすめです。

正社員とフリーランスの条件を比較してみて、どっちのほうが自分が求める条件に合っているかを比較してみましょう。

実務経験が3年以上あるエンジニア

実務経験が3年あれば、リモート案件は結構豊富にあります。

逆に3年無いと、紹介できる案件が少ないですし、案件の質も低いものになってしまいます。

リモートビズの口コミと評判

リモートビズの口コミと評判をご紹介します。

リモート案件は豊富

関西にフルリモート案件が少なかったですが、リモートビズさん案件が豊富ですぐにご紹介いただけました。

関西在住の人でも案件が見つかるようですね。

リモート案件が豊富なのは本当らしい。

単価アップとスキルアップができる

単価アップはもちろん、これから身につけたい技術もキャッチアップOKの状態にして参画させてくれます。

フリーランスは今できるスキルを使った案件しか提案されないので、新しい技術を学ぶ機会が少ないです。

が、新しい技術を使った案件にも参画できるようですね。

インフラリモート案件もあり

インフラ系の案件でリモートは諦めてましたが、ご紹介いただけた時は驚きました。こんな案件もリモートでOKなのかと。

インフラエンジニアは、リモートで仕事するのが難しいのですが、インフラリモート案件も取り扱っているようです。

インフラエンジニアといっても、オンプレミスのサーバやネットワークエンジニアではなく、AWSやGCPなどが使えるクラウドエンジニアが求められるでしょう。

まとめ: リモートワークするなら登録必須!

今回は、リモートビズについて解説してきました!

  • リモート案件を探している
  • リモート案件が継続的に見つかるか不安
  • 正社員かフリーランスで迷っている

みたいな人におすすめできるエージェントです。

公開案件が豊富なので、まずはホームページでどんな案件があるのかを探してみましょう。

気になる案件があれば、エージェントに登録して、相談してみるといいでしょう。

リモート案件探しの手助けになれば幸いです。

それでは!

おすすめの記事